お土産ばなし / Souvenir


つい二週間前まではモスクワはこんな綺麗な紅葉が広がっていたのだが…FIFAワールドカップの会場となったLuzhniki stadiumを向こうに見て。今は最低気温見込みにマイナスがみられるようになり、すっかり冬の様子に様変わり。どよんとした天気が続く、タフな季節がやってきた。


会社では、休暇や出張からスタッフが戻ってくると、「Dear colleagues, TurkeyからのSweetsを楽しんで!」、「ドイツからのチョコレートをどうぞ、早い者勝ち!」、「Japanからのお土産がみんなを待ってるよ!」といったメールが飛んでくる。そうすると、多くのスタッフが仕事の手をパタリと止めて、バタッと立ち上がり、ドタバタとお土産が置かれている方向へ向かってゆく。そして談笑が始まる。日頃うるさいことを言っている身でもあるゆえ、どんなお土産を買ってスタッフに喜んでもらえるか?これは自分自身にとって重要なテーマ。

社員向けのお土産
以前は日本に一時帰国の際には高級な和菓子とか、駅・デパートなどで販売されている有名なお菓子を購入していたけれど、今はそうではなく、自分の大好きなお菓子や一般のスーパーで売っているスナック菓子類を大量に買い込んでいる。日本のお菓子は安くていながら品質が高い。パッケージも可愛らしくて本当に素晴らしい。日本にいる時には好んで食べていたお菓子も多く懐かしい。スーツケースがかさばるのは難点だけれど、スタッフに喜んでもらえる顔を想像しながらわくわくしながらポイポイと買い物籠に放り込む。
どうしても距離が開いてしまう日本人とロシア人スタッフとの距離。ただ単に日本の美味しい食の文化を利用するだけではなく、そこに自分のStoryを織り込むことでよりスタッフとの距離感を縮めることに役立てると感じている。「いろいろと美味しいお菓子があるけれど、これは自分が子供の頃から特に好きで食べているもので、田舎のじいちゃん、ばあちゃんのところに出かけた時にはいつも買っていたんだ」「この駄菓子は子供のころ少ないお小遣いから出してよく学校帰りに帰っていて、何十年も日本で売られている有名なお菓子なんだよ」とか。以前は、何も言わずに酸っぱい梅干しを振舞ってみたところ、食堂からスタッフの悲鳴が聞こえてきた。この時には思わず「やった!」と心に中で叫んでいた。申し訳なかったけど、これもまた一つありかと。

”The noblest art is that of making others happy” ― Phineas Taylor Barnum

個人用のお土産
ロシア人スタッフがプライベートのお土産として日本から購入してくるものは人それぞれである中で、面白いなと思ったのはビニール傘。コンビニエンスストアで売っている540円(税込8%)ほどの傘を3本とかまとめて購入しているスタッフがいた。なぜ?と聞くと、ロシアではこれだけ品質の高い傘をこれだけ安く購入することはできないので、家族の分も含めて買ってゆくのだとか。日本では突発的な雨に降られてコンビニに駆け込み、ビニール傘を購入し、雨が止むと捨ててしまう人もいるけれど、そんな程度にしか価値を認められていないビニール傘がこれだけロシア人に認められているのかと知って新鮮な気持ちになった。
今度日本へ出張に出かけるスタッフの出張申請をチェックしたところ、同じ航空会社だが高いチケットを申請してきたので、なぜ?と。「日本に出張したら家族の分のお土産も購入しなければいけないので、スーツケースの持ち込みが多く許されるチケットが必要なんだ」だとか。
なんだかそんなことを素直に言ってくるスタッフの家族思いを知って、出張ルールをリマインドするどころか微笑んでしまった。

Author: Author

ロシアのモスクワにある日系企業の管理部門に7年間勤務した後、現在は日本で働く会社員です。モスクワでロシア人と一緒に日々仕事をする中で、私たち日本人が経験するアドミ業務についての情報、課題、考えなどを少しでも多くの方々と共有したい、アドバイスをいただければ、と思いブログをはじめました。 経理、労働法や人事制度の仕組み作り、ITスキルを応用した仕事スキル向上、EAC認証などの幅広い管理課題に取り組んでいます。 とりわけチームビルディング、部下とのコミュニケーション、モチベーションアップ、という課題は世界共通だと認識しています。そんな話題も中心テーマの一つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *