ロシアワイン Oleg Repin “Cabernet Sauvignon” / Русское Вино Олег Репин «каберне совиньон»

ロシアのワインはロシア人もダメダメ、という評価を下すレベルのようで、レストランでもロシアワインと出会う機会が少ないのが現実です。まあ、そもそも私のようなワイン初心者には何がダメなのかよく分かりません。少しずつ勉強中です。

まれに訪れるお店のソムリエに「ロシアのワインでおすすめはありますか?大概、ロシアのワインについて良い評判を聞きませんが…」と尋ねてみると、「それは一般論であって、しっかりしたワイン醸造家のロシアワインは十分飲むに値する価値があります。」と言われて勧められたのがこのワイン。

オレグ・レーピンという方が醸造しているロシアワイン。今日は、クリミア半島セバストポリで育ったカベルネ・ソーヴィニョン(Cabernet Sauvignon, Каберне-Совиньон)2016、Listva(ブドウ園の名前のようです)というワインを購入してみました。

昔、クリミア半島を訪れた時に、Masandoraと呼ばれるクリミア産の有名な?ワインを飲みましたが、とても甘くてとてもたくさん飲めるものではなかった記憶があります。今日のワインはそんなワインとは全く別で(種類が違うから、というのが主な理由なのかもしれませんが)、Cabernet Sauvignonはとてもずっしりした、濃厚なワインと聞きますが、決して重すぎることなく洗練された、きれいで優等生なワイン?そんな味がしました。

Author: Author

ロシアのモスクワにある日系企業の管理部門に7年間勤務した後、現在は日本で働く会社員です。モスクワでロシア人と一緒に日々仕事をする中で、私たち日本人が経験するアドミ業務についての情報、課題、考えなどを少しでも多くの方々と共有したい、アドバイスをいただければ、と思いブログをはじめました。 経理、労働法や人事制度の仕組み作り、ITスキルを応用した仕事スキル向上、EAC認証などの幅広い管理課題に取り組んでいます。 とりわけチームビルディング、部下とのコミュニケーション、モチベーションアップ、という課題は世界共通だと認識しています。そんな話題も中心テーマの一つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *