Oleg Repin SYRAH 2016 / Олег Репин 2016 “СИРА”

今晩は、先日(http://admin-world.org/russian-wine-oleg-repin-cabernet-sauvignon/)に続きOleg Repin SYRAH 2016を購入してみました。

お店のソムリエ(сомелье)の方に尋ねると、クリミア半島のワイン醸造者(винодел)といえば、Pavel Shvetz(Павел Швец), Oleg Repin(Oлег Репин), Сергей Бескоровайный氏の3名という。今トライしているのは、その一人Oleg Repin氏のワイン。ワインについては、まだ興味がある程度のレベルであるためブドウの種類の違いも何もかもがよく分かっていないのですが、今回をよい機会にいくつかウェブサイトを見てみると、クリミアのワインも決して侮れないレベルになっていている、そんな論調を感じさせます。

Oleg Repin SYRAH 2016

このワインに使用されているブドウはシラー。ネット上での定義では渋みがどっしりとしてるカベルネソーヴィニヨンからは渋みが落ち、“繊細で華やかな”ピノ・ノワールよりも渋みとコクが強い…らしいです。前回飲んだOleg Repin Cabernet Sauvignとは異なる味であることだけははっきり分かりました。私のようなワイン初心者であっても飲みやすい、万人受けするワインなのかな、そんな風に感じました。

Oleg Repin氏特集

Сергей Бескоровайный氏インタビュー

Павел Швец氏インタビュー

Author: Author

ロシアのモスクワにある日系企業の管理部門に7年間勤務した後、現在は日本で働く会社員です。モスクワでロシア人と一緒に日々仕事をする中で、私たち日本人が経験するアドミ業務についての情報、課題、考えなどを少しでも多くの方々と共有したい、アドバイスをいただければ、と思いブログをはじめました。 経理、労働法や人事制度の仕組み作り、ITスキルを応用した仕事スキル向上、EAC認証などの幅広い管理課題に取り組んでいます。 とりわけチームビルディング、部下とのコミュニケーション、モチベーションアップ、という課題は世界共通だと認識しています。そんな話題も中心テーマの一つです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *