ロシアワイン(ノヴォロシスク) / МЫСХАКО КЮВЕ (2017) «КУБАНЬ, НОВОРОССИЙСК» СУХОЕ КРАСНОЕ

ロシアでは、この数年でワインを取り扱うお店が明らかに増えていると感じます。ワインについてはいまだに分からず。それでも分かろうと思って色々なものを試しているところです。定期的に訪れるお店、欧州・中南米のワインを取り扱うお店のスタッフに「ロシアのワインはどうですか?」と聞くと、顔がしかめ面に。「やめた方がよい、もちろん良いのもあるんだけれど、本当に良いものはモスクワには届かないんだ」そうです。そんなことはないのでは、と思いながらロシアのワインを引き続き試しています。

上記のように言われてはみてもも、せっかくロシアにいるからこそ、ロシアのワインを色々試してみたいところです。今日試してみた赤ワイン。どのようにワインを評価すればよいのか分からないのですが、分かる範囲で書いてゆきます。

МЫСХАКО  КЮВЕ (2017)

«КУБАНЬ, НОВОРОССИЙСК» СУХОЕ КРАСНОЕ

ПИНО НУАР (Pinot Noir)

Тираж 21,300 бут

650 руб (直近のレートで9,8USD、1,040円)

Website https://myskhako.ru/

6か月樽の中で寝かせたものだそうです。グラスに注ぐと、細かい泡がグラスにまとっています。金額は決して高くないものですが、素直に美味しいな、と感じます。Pinot Noirは軽いイメージがありますが、これは飲んでみるとけっこう重い印象です。ワインでも淡い泡が含まれるもの、含まれないものがあり不思議です。光に照らしてみると何とも綺麗なコントラストが。

モスクワの中心部に主にロシア・アルメニアのワインを中心に取り扱うワイン店があります。ここでは「ロシアワイン2019」と題する本が発売されており、ロシア各地のワイナリーで醸造される様々なワインが各醸造所の説明と共に掲載されています。この本によれば МЫСХАКО  КЮВЕ は満点(値段と品質が完璧に釣り合いが取れている)でした。

Oleg Repin SYRAH 2016 / Олег Репин 2016 “СИРА”

今晩は、先日(http://admin-world.org/russian-wine-oleg-repin-cabernet-sauvignon/)に続きOleg Repin SYRAH 2016を購入してみました。

お店のソムリエ(сомелье)の方に尋ねると、クリミア半島のワイン醸造者(винодел)といえば、Pavel Shvetz(Павел Швец), Oleg Repin(Oлег Репин), Сергей Бескоровайный氏の3名という。今トライしているのは、その一人Oleg Repin氏のワイン。ワインについては、まだ興味がある程度のレベルであるためブドウの種類の違いも何もかもがよく分かっていないのですが、今回をよい機会にいくつかウェブサイトを見てみると、クリミアのワインも決して侮れないレベルになっていている、そんな論調を感じさせます。

Oleg Repin SYRAH 2016

このワインに使用されているブドウはシラー。ネット上での定義では渋みがどっしりとしてるカベルネソーヴィニヨンからは渋みが落ち、“繊細で華やかな”ピノ・ノワールよりも渋みとコクが強い…らしいです。前回飲んだOleg Repin Cabernet Sauvignとは異なる味であることだけははっきり分かりました。私のようなワイン初心者であっても飲みやすい、万人受けするワインなのかな、そんな風に感じました。

Oleg Repin氏特集

Сергей Бескоровайный氏インタビュー

Павел Швец氏インタビュー

ロシアワイン Oleg Repin “Cabernet Sauvignon” / Русское Вино Олег Репин «каберне совиньон»

ロシアのワインはロシア人もダメダメ、という評価を下すレベルのようで、レストランでもロシアワインと出会う機会が少ないのが現実です。まあ、そもそも私のようなワイン初心者には何がダメなのかよく分かりません。少しずつ勉強中です。

まれに訪れるお店のソムリエに「ロシアのワインでおすすめはありますか?大概、ロシアのワインについて良い評判を聞きませんが…」と尋ねてみると、「それは一般論であって、しっかりしたワイン醸造家のロシアワインは十分飲むに値する価値があります。」と言われて勧められたのがこのワイン。

オレグ・レーピンという方が醸造しているロシアワイン。今日は、クリミア半島セバストポリで育ったカベルネ・ソーヴィニョン(Cabernet Sauvignon, Каберне-Совиньон)2016、Listva(ブドウ園の名前のようです)というワインを購入してみました。

昔、クリミア半島を訪れた時に、Masandoraと呼ばれるクリミア産の有名な?ワインを飲みましたが、とても甘くてとてもたくさん飲めるものではなかった記憶があります。今日のワインはそんなワインとは全く別で(種類が違うから、というのが主な理由なのかもしれませんが)、Cabernet Sauvignonはとてもずっしりした、濃厚なワインと聞きますが、決して重すぎることなく洗練された、きれいで優等生なワイン?そんな味がしました。